キャッシングの限度額

キャッシングの限度額

金融会社で借入可能な上限金額が、キャッシングの限度額と呼ばれるものです。

借入金の合計がその金額になるまで融資を受けることができます。

借入は、一旦返済をしても、繰り返し限度額まで可能となっています。

キャッシングの限度額は、申込み時に行われる審査によって判断される信用度に応じて決まります。

返済能力が高い人の限度額は高くなりますが、収入が不安定な人や他のキャッシングを利用している人の限度額は低く設定されます。

ふつう金融会社側は、お金を返済能力のある人にこそ貸したいと考えているものなのです。

それぞれの金融機関でキャッシングの限度額異なりますが、大体50万円〜500万円ぐらいではないでしょうか。

一度決まったらずっと固定ではなく、要望や利用履歴によって限度額がアップしたり、逆に減額されることもあります。

審査が再び行われることも、限度額の引き上げにはあるといいます。

限度額が高いほど融資可能な金額は高くなりますが、かといって上限ぎりぎりまで借りるものと解釈するものではありません。

あくまで自分が幾らまで返済できるか、幾らの借入を必要としているかに基づいて融資を受けましょう。

自由になるお金が、キャッシングの限度額が増えても多くなったとは一概に言えないということを肝に銘じましょう。